1. ホーム
  2. よくある質問(Q&A)
  3. メマリー

製品情報メマリー

  • 戻る
  • このページを印刷する
キーワードを入力して、
検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

Q.コリンエステラーゼ阻害薬からメマリーに変更するときの留意点について教えてください。

A.

中等度及び高度アルツハイマー型認知症の場合は、コリンエステラーゼ阻害薬からのメマリーへの切替えは可能です。

認知症疾患診療ガイドライン2017のアルツハイマー型認知症における治療アルゴリズム1)では、「中等度:各薬剤の特徴を考慮して、ChEI 1剤かメマンチンを選択して投与する。効果がないか不十分、効果減弱、あるいは、副作用で継続できなくなった場合には、他のChEIからメマンチンに変更、あるいは、ChEIとの併用がなされていない場合には併用を検討する。」と記載されています。

なお、コリンエステラーゼ阻害薬(ChEI)の中止により、症状悪化の可能性があるため、可能な限りメマリーの併用をご検討ください。医師の判断でやむを得ず切替える場合は、メマリーの用法用量どおり、1日1回5mgから開始し、1週間に5mgずつ増量し、維持量として1日1回20mgの経口投与をお願いします。

引用文献:
1)日本神経学会(監修):認知症疾患診療ガイドライン2017:226-228,医学書院

このページのトップへ