1. ホーム
  2. よくある質問(Q&A)
  3. メマリー

製品情報メマリー

  • 戻る
  • このページを印刷する
キーワードを入力して、
検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

Q.メマリーは肝機能障害のある認知症者にどのように投与すればよいですか?

A.

肝機能障害のある認知症者にメマリーは投与できますが、高度肝機能障害のある認知症者は慎重投与に該当します。
メマリー錠の臨床試験では高度の肝機能障害(Child-Pugh C)のある認知症者への使用経験がなく、安全性が確立していないためです。

なお、本剤は腎排泄型の薬剤であり、肝代謝はほとんど受けないことから、肝機能の影響は受けにくいと考えられます。

海外で中等度肝機能障害患者(Child-Pugh B)を対象とした臨床薬理試験が実施されましたが、中等度の肝機能障害患者群のそれぞれのパラメータは、肝機能正常者群に比べ差は認められず、中等度までの肝機能障害はメマンチンの薬物動態に影響を及ぼさないことが示されています。

このページのトップへ