1. ホーム
  2. よくある質問(Q&A)
  3. メマリー

製品情報メマリー

  • 戻る
  • このページを印刷する
キーワードを入力して、
検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

Q.メマリーは腎障害や透析を受けている患者さんに投与できますか?

A.

メマリーは腎排泄型の薬剤であり、腎機能障害のある患者さんでは排泄が遅延するおそれがあります。そのため、腎機能障害のある患者さんは「慎重投与」に設定しています。
添付文書の用法・用量に関連する使用上の注意に「高度の腎機能障害【Ccr(クレアチニンクリアランス値):30mL/min未満】のある患者さんには、患者さんの状態を観察しながら慎重に投与し、維持量を1日1回10mgとすること」と記載しています。

承認前の国内臨床試験では、透析を受けている患者さんに投与された経験はありません。また、透析での除去率に関するデータはありません。
透析を受けている患者さんは高度腎機能障害の患者さんに含まれますので、維持量を1日1回10mgとするなど患者さんの状態を観察しながら慎重に投与してください。

参考)
Cockcroft & Gaultの式:Ccr=(140-年齢)×体重kg/72×Scr(血清クレアチニン) (女性の場合0.85を乗じる)

このページのトップへ