1. ホーム
  2. よくある質問(Q&A)
  3. メマリー

製品情報メマリー

  • 戻る
  • このページを印刷する
キーワードを入力して、
検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

Q.メマリーの作用機序について教えてください。

A.

アルツハイマー型認知症の患者さんでは記憶や学習に関与する中枢のグルタミン酸神経系に機能異常が生じています。
グルタミン酸受容体のサブタイプであるNMDA受容体(イオンチャネル)が過剰に活性化すると、神経細胞は余剰なCa2+(カルシウムイオン)の流入により傷害され、同時にシナプテックノイズ(持続的な電気シグナル)の増大により神経伝達シグナルが隠されてしまうため記憶や学習が障害されます。
メマリーはNMDA受容体と結合することで、過剰な活性化を抑制し、神経細胞保護作用及び記憶・学習機能障害抑制作用を示します。

このページのトップへ