1. ホーム
  2. よくある質問(Q&A)
  3. メマリー

製品情報メマリー

  • 戻る
  • このページを印刷する
キーワードを入力して、
検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

Q.メマリーの特徴について教えてください。

A.

メマリーの特徴は以下の通りです。

  • 世界で唯一のNMDA*受容体拮抗を作用機序とする(中等度及び高度)アルツハイマー型認知症治療剤です。
  • 過剰なグルタミン酸によるNMDA受容体の活性化を抑制することにより、神経細胞保護作用(in vitro)及び記憶・学習機能障害抑制作用(ラット)を有します。
  • 認知機能障害の進行を抑制し、言語、注意、実行及び視空間能力などの悪化の進行を抑制します。
  • 攻撃性、行動障害などの行動・心理症状の進行を抑制します。
  • 薬物代謝酵素P450による代謝の影響を受けにくい薬剤です(in vitro)。
  • 国内における承認前の臨床試験において、1,115例中408例(36.6%)に副作用が認められました。主な副作用は、めまい4.7%(52例)、便秘3. 1%(35例)、体重減少2. 2%(24例)、頭痛2.1%(23例)等でした。 〔承認時〕

*NMDA(N-meyhyl-D-aspartate)受容体:中枢神経系の主要な興奮性神経伝達物質であるグルタミン酸の受容体のサブタイプの一つで記憶や学習に関与するとされます。アルツハイマー型認知症ではこの受容体が過剰に活性化し、持続的な電気シグナルが増幅されるため、神経伝達シグナルが伝達され難くなっていると考えられています。

このページのトップへ