Q.イナビル吸入懸濁用160mgセットの高齢の患者さんへの投与について教えてください。

A.

イナビル吸入懸濁用160mgセットを高齢の患者さんに投与する場合は、一般に生理機能が低下していることが多いため、患者の状態を十分に観察しながら投与してください。

●高齢者におけるイナビル吸入粉末剤の体内動態
健康な高齢者(65歳以上)6例にイナビル吸入粉末剤をラニナミビルオクタン酸エステルとして40mg※を単回吸入投与したところ、非高齢者(20~45歳)と比較して、活性代謝物ラニナミビルのTmax及びt1/2に変化は認めず、Cmaxが0.5倍、AUCが0.8倍でした。

※本剤の承認された用法及び用量は、ネブライザによる160mg単回吸入投与である。

引用文献:
イナビル吸入懸濁用160mgセット 添付文書

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。