Q.エフィエントの低体重の患者さんへの投与について教えてください。

A.

体重50kg以下の低体重の患者さんでは、出血の危険性が増大するおそれがあります。
年齢、腎機能等の他の出血リスク因子及び血栓性イベントの発現リスクを評価した上で、必要に応じて維持用量1日1回2.5mgへの減量も考慮してください。
国内で実施したACS-PCI対象試験での大出血、小出血及び臨床的に重要な出血の発現率は、特に50kg以下の患者さんで高い傾向が認められています。
低体重の患者さんに本剤を投与する場合には、出血に十分注意しながら慎重に投与してください。

参考資料:
エフィエント インタビューフォーム

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。