Q.エフィエントの肝機能障害患者さんへの投与について教えてください。

A.

高度の肝機能障害のある患者さんでは、凝固因子の産生が低下していることがあるので、出血の危険性が増大するおそれがあります。
高度の肝機能障害患者にエフィエントを投与する場合には、出血に十分注意しながら慎重に投与してください1)

なお、高度の肝機能障害について、具体的な規定はありません。
承認時までの国内臨床試験では、高度の肝機能障害(劇症肝炎、肝硬変、肝腫瘍)の合併または既往のある患者さんは対象から除外しています2)

参考資料:
1)エフィエント インタビューフォーム
2)エフィエント 申請資料概要 2.5臨床に関する概括評価 4.有効性の概括評価

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。