1. ホーム
  2. 製品情報
  3. メマリー
  4. よくある質問

製品情報メマリーのよくある質問

  • 戻る
  • このページを印刷する
キーワードを入力して、
検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

Q.メマリーはコリンエステラーゼ阻害剤と併用してよいですか?

A.

メマリーはコリンエステラーゼ阻害剤と併用することができます。
添付文書において、メマリーとコリンエステラーゼ阻害剤の併用に関する規定はありません。
また、メマリーはドネペジルなどのコリンエステラーゼ阻害剤と作用機序が異なります。

海外データではメマンチン塩酸塩とドネペジルの併用により、ドネペジル単独よりも認知機能障害の進行を有意に抑制しています1)

参考)(海外データ)
ドネペジル塩酸塩の治療を受けている中等度から高度アルツハイマー型認知症患者を対象に、メマンチン塩酸塩20mg(10mg/回、1日2回※)を投与したときの安全性及び有効性について、プラセボを対照として比較検討する1)
認知機能評価では、投与8週後以降のSIBスコア変化量において、メマンチン塩酸塩+ドネペジル塩酸塩併用群はドネペジル塩酸塩単独群に対し有意に進行を抑制した。
ドネペジル塩酸塩単独群の60例(29.9%)、メマンチン塩酸塩+ドネペジル塩酸塩併用群の68例(33.7%)に副作用が認められた。

※本邦における本剤の承認用法・用量は「通常、成人にはメマンチン塩酸塩として1日1回5mgから開始し、1週間に5mgずつ増量し、維持量として1日1回20mgを経口投与する。」です。

引用資料:
1)メマリー インタビューフォーム

このページのトップへ