Q.トポテシンをA法、B法は500mL以上、C法は250mL以上の輸液で点滴静注する理由を教えてください。

A.

開発時、時間をかけて投与するため、一般的な方法を参考に90分以上投与の場合は500mL、60分以上の場合は250mLに輸液の量を設定しました。

時間をかけるのは、時間依存性であるトポテシン活性代謝物(SN-38)の血中濃度を維持し効果をあげるためです。また、急速に静注するとトポテシンの抗原抗体反応でショック等の副作用が起きる可能性があるため、時間をかけて点滴しなければなりません。

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。