Q.クラビットの経口剤と金属イオン含有製剤との相互作用について教えてください。

A.

クラビットは鉄剤、およびアルミニウム又はマグネシウム含有の制酸薬等と併用注意です。
クラビットは、金属イオン含有製剤とキレートを形成し、クラビットの吸収が低下すると考えられています。

クラビット経口剤(100mg)投与と金属イオン含有製剤の併用について、健常成人を対象としたクロスオーバー試験結果では、レボフロキサシンの吸収が低下し、血中濃度が低下することが文献報告にて示唆されております1)
・アルミニウムについてはCmax約65%の低下、AUC約44%の低下
・マグネシウムについてはCmax約38%の低下、AUC約22%の低下
・鉄についてはCmax約45%の低下、AUC約19%の低下

金属イオン含有製剤と併用する場合は、クラビットを先に投与し、1~2時間後に金属イオン含有製剤を投与してください。
もし先に金属イオン含有製剤を投与した場合には、最低3~6時間あけることと報告されています2)
なお、500mg1日1回投与データはありませんが、クラビット経口剤(100mg)と同様と考えます。

引用文献:
1)Shiba K et al.:Antimicrob Agents Chemother 1992;36(10):2270-2274
2)伊藤由紀 ほか:医薬ジャーナル 2001;37(12):3598-3603

他の質問を検索する

キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。