1. ホーム
  2. 製品情報
  3. リクシアナ
  4. よくある質問

製品情報リクシアナのよくある質問

  • 戻る
  • このページを印刷する
キーワードを入力して、
検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

治療関連

このページのトップへ

Q1 リクシアナの効能・効果、用法・用量について教えてください。
Q2 リクシアナ錠15mgやOD錠15mgは、非弁膜症性心房細動の患者さんや静脈血栓塞栓症の患者さんに投与できますか?
Q3 リクシアナは1日1回投与ですが、いつ投与すればよいですか?食事の影響はありますか?
Q4 リクシアナを飲み忘れた場合の対処法について教えてください。
Q5 リクシアナの抗凝固作用の発現時間を教えてください。
Q6 リクシアナの投与は、膝関節全置換術、股関節全置換術、股関節骨折手術の後、何時間空ければよいですか?
【下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制】で投与する場合
Q7 リクシアナを膝関節全置換術、股関節全置換術、股関節骨折手術の術前から投与してよいですか?
【下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制】で投与する場合
Q8 リクシアナは、いつまで投与すればよいのですか?(投与終了の指標はありますか?)
【下肢整形外科手術施行患者における静脈血栓塞栓症の発症抑制】で投与する場合
Q9 リクシアナは、いつまで投与を継続するかの目安はありますか?
【静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制】で投与する場合
Q10 リクシアナの薬効をモニタリングする指標はありますか?
Q11 リクシアナを投与している患者さんで、PT-INR、プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)は薬効をモニタリングする指標になりますか?
Q12 リクシアナの作用機序について教えてください。
Q13 ワルファリンからリクシアナへの切り替え方法を教えてください。
Q14 未分画ヘパリンからリクシアナへの切り替え方法について教えてください。
Q15 未分画ヘパリンからリクシアナへ切り替える際、4±1時間後と設定された根拠を教えてください。
Q16 他の抗凝固剤(ワルファリン及び未分画ヘパリン以外)から、リクシアナへの切り替え方法について教えてください。
Q17 リクシアナからワルファリンへの切り替え方法について教えてください。
Q18 リクシアナOD錠は水なしで服用してもよいですか?
Q19 リクシアナOD錠は水で服用してもよいですか?
Q20 リクシアナOD錠はお茶やジュースで服用してもよいですか?
Q21 リクシアナOD錠は口腔粘膜から吸収されますか?
Q22 リクシアナ錠とリクシアナOD錠とで、有効性や安全性に違いはありますか?

特定の背景を有する患者さん

このページのトップへ

Q1 リクシアナを投与中の患者さんで手術を行う場合は、いつ実施したらよいですか?
Q2 リクシアナを投与中の患者さんで、消化器内視鏡や粘膜生検が必要になった場合の対応方法を教えてください。
Q3 リクシアナを投与中の患者さんでPT-INR等が異常に延長した場合、投与を中止する必要はないのですか?
Q4 リクシアナの妊婦への投与について教えてください。
Q5 リクシアナの授乳婦への投与について教えてください。
Q6 リクシアナの肝機能障害患者さんへの投与について教えてください。
Q7 リクシアナの腎機能障害患者さん、透析患者さんへの投与について教えてください。
Q8 リクシアナの高齢の患者さんへの投与について教えてください。
Q9 リクシアナの低体重(40kg未満)の患者さんへの投与について教えてください。
Q10 リクシアナを投与する患者で、用量調整因子が重なった場合には、15mgなどへの減量の必要はありませんか?
【非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制】
【静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)の治療及び再発抑制】
で投与する場合
Q11 リクシアナは、僧帽弁逸脱症、僧帽弁逆流、及び大動脈弁疾患などの弁疾患に合併する心房細動の患者さんに投与可能ですか?

製品に関するお問い合わせ  医療関係者の皆さま

製品情報センター

0120-189-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ
製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日

お問い合わせフォームへ

このページのトップへ