キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

治療関連

このページのトップへ

Q1 イナビル吸入粉末剤の作用機序について教えてください。
Q2 イナビル吸入粉末剤の治療はなぜ、1回で完結するのですか?
Q3 イナビル吸入粉末剤は2009年シーズンに流行したA/H1N1 pdm09 インフルエンザウイルスにも抗ウイルス作用がありますか?
Q4 イナビル吸入粉末剤の用法又は用量について教えてください。
Q5 イナビル吸入粉末剤は何歳から使用できますか?
Q6 イナビル吸入粉末剤は1シーズンに何回も投与してもよいですか?
Q7 インフルエンザワクチンを接種していても、イナビル吸入粉末剤を投与してもよいですか?
Q8 イナビル吸入粉末剤はインフルエンザにかかった後、いつまでに投与すれば効果が期待できますか?
Q9 イナビル吸入粉末剤は高病原性鳥インフルエンザウイルス(A/H5N1型)にも抗ウイルス作用がありますか?
Q10 イナビル吸入粉末剤をネブライザーで吸入することはできますか?
Q11 イナビル吸入粉末剤は、オセルタミビル耐性インフルエンザウイルスにも抗ウイルス作用がありますか?
Q12 イナビル吸入粉末剤はどの型のインフルエンザに効果がありますか?
Q13 イナビル吸入粉末剤の効果持続時間を教えてください。
Q14 イナビル吸入粉末剤の予防投与について教えてください。
Q15 イナビル吸入粉末剤を予防で用いる場合に、2日間吸入投与するときの吸入タイミングについて教えてください。
Q16 イナビル吸入粉末剤を、成人及び10歳以上の小児に対して予防投与する場合、40mg単回吸入と20mg1日1回2日間吸入の用法がありますが、どちらを推奨しますか?
Q17 イナビル吸入粉末剤を予防投与して10日経過すれば再び、予防を目的として投与することができますか?
Q18 受験生に対してイナビル吸入粉末剤を予防投与することはできますか?
Q19 イナビル吸入粉末剤の単回投与および2日間吸入投与で10日間の予防効果が得られるのはなぜですか?
Q20 イナビル吸入粉末剤を予防投与した場合、どのくらいの期間予防効果が期待できますか?
Q21 1シーズンに複数回イナビル吸入粉末剤を予防投与することは可能ですか?
Q22 イナビル吸入粉末剤の予防効果は、インフルエンザワクチン接種の有無によって差はありますか?
Q23 イナビル吸入粉末剤を使用するにあたり、事前のインフルエンザウイルス簡易検査は必須ですか?
Q24 気管支喘息の吸入薬を服用している患者さんに対してイナビル吸入粉末剤と同時服用する場合、どちらを先に服用すればよいですか?
Q25 イナビル吸入粉末剤を吸入するのにどれぐらいの吸入力が必要ですか?
Q26 イナビル吸入粉末剤の吸入器を誤って吹いた場合、薬剤が出てしまうことはありませんか?薬剤が外に漏れてしまった場合の対処法を教えてください。
Q27 イナビル吸入粉末剤は吸入容器の薬剤トレーが透明に変更になりましたが、吸入にあたって従来の製剤と違いはありますか?
Q28 イナビル吸入粉末剤の薬剤トレーが透明になったことで、吸入に必要な力は従来の製剤と変わりませんか?
Q29 イナビル吸入粉末剤を吸入後、薬剤トレーはどのような状態であれば、きちんと吸入できていると考えてよいですか?

製品に関するお問い合わせ  医療関係者の皆さま

製品情報センター

0120-189-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ
製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日

お問い合わせフォームへ