キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

治療関連

このページのトップへ

Q1 ビムパットの効能又は効果、用法及び用量について教えてください。
Q2 ビムパットの用法は1日2回ですが、いつ投与すればよいですか?
Q3 ビムパットの4歳以上の小児に対する用法及び用量の設定根拠について教えてください。(1日最高用量、30kg未満/以上で用量が異なる理由)
Q4 ビムパット点滴静注が30分から60分かけて点滴する理由を教えてください。
Q5 ビムパットの経口剤から点滴静注への切り替え、または点滴静注から経口剤へ切り替える場合の投与方法について教えてください。
Q6 ビムパットを中止や減量する場合に注意することはありますか?中止方法(漸減方法)を教えてください。
Q7 ビムパットを飲み忘れた場合の対処法について教えてください。
Q8 ビムパットの治療上有効な血中濃度、薬物血中濃度モニタリング(TDM)の必要性について教えてください。
Q9 ビムパットの成人及び小児の薬物動態[半減期(t1/2)、最高血中濃度(Cmax)、最高血中濃度到達時間(Tmax)、AUC]、定常状態到達時間について教えてください。
Q10 ビムパットの代謝に関与する酵素について教えてください。代謝酵素阻害作用、代謝酵素誘導作用等、CYPへの影響はありますか?
Q11 ビムパットの作用機序について教えてください。

製品に関するお問い合わせ  医療関係者の皆さま

製品情報センター

0120-189-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ
製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日

お問い合わせフォームへ