キーワードを入力して、検索を押すと関連するQ&Aが表示されます。

治療関連

このページのトップへ

Q1 ネキシウムの効能・効果、用法・用量を教えてください。
Q2 ネキシウムの効能・効果、用法・用量の設定根拠を教えてください。
Q3 ネキシウムは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の初発抑制や再発抑制に使用できますか?
Q4 ネキシウムは低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の初発抑制や再発抑制に使用できますか?
Q5 ネキシウムの逆流性食道炎患者(初期治療)における胸やけ症状消失までの日数はどれくらいですか?
Q6 ネキシウムの逆流性食道炎に対する効果を教えてください。
Q7 ネキシウムの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制に対する効果を教えてください。
Q8 ネキシウムの低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発抑制に対する効果を教えてください。
Q9 ネキシウムの臨床効果は食事の影響はありますか?
Q10 ネキシウムの臨床効果は服薬時間によって差がありますか?
Q11 単一光学異性体にすればどのような薬剤も高い効果が期待できますか?(ネキシウム関連)
Q12 ネキシウムの長期投与によって耐性が発現しますか?
Q13 ネキシウム懸濁用顆粒は水で懸濁せずそのまま服用してよいですか?
Q14 ネキシウム懸濁用顆粒を水以外で懸濁してよいですか?

製品に関するお問い合わせ  医療関係者の皆さま

製品情報センター

0120-189-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7183 FAX:03-6225-1922

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

がん・医療用麻薬専用

0120-065-132

フリーダイヤルがご使用いただけない場合
電話:03-5255-7162 FAX:03-6225-1922

受付時間:平日午前9時00分~午後5時30分(土、日、祝日、当社休日除く)

夜間・休日 緊急時のお問い合わせ
製品情報センター受付時間外の緊急性を要するお問い合わせ

0120-088-132

日本中毒情報センター第一三共受付

受付時間:平日午後5時30分~翌午前9時00分及び土、日、祝日、当社休日

お問い合わせフォームへ